【第3回】Guitarと友人

【第3回】Guitarと友人

(更新日:2013.09.10)
ライヴやレコーディングスケジュールの関係で、
どうしても同窓会や結婚式等には行けない事が多い。
先日は小学校の同窓会のお誘いがあり、
ちょっと参加してみたかった反面、
卒業後に会っていない人が大半だったので、諦めた。


2年に1度、高校で同期だった友人と4人で集まる。
昨年その中の1人が結婚したので、式に参加した。
そしてもう1人も、今年に入って結婚し、
無事に祝福する事が出来た。
独身なのは俺と残った1人なのだが、
そいつも来年には結婚するとのこと。
皆それぞれ社会人として頑張っていて、
家庭を持ち充実した生活をしていると思うと、俺も嬉しい。


中学時代はかなりバイオレンスだった。
とにかくめちゃくちゃ不良が多かったね。
当時「電車でGO!!(※1)」というプレステのゲームが流行っていて、
クラスメイトがそれを真似て蛇口をひねったら破裂、
教室が水浸し…なんて事件もあったりした。

そんな中学で仲が良かったA君から、
この間たまたま携帯にメールがきた。
「あのさ、お前ひょっとしてDaisy×Daisy(※2)でギター弾いてる!?」
…聞いてみたら、普通にファンなんだってさ。
確かにアニメが好きなヤツだったな、と。ビックリしたよ。


何年か前、パン工場で働いていた小学校時代のクラスメイトと
会う約束をしたら、待ち合わせ当日になって
『昨夜、イースト菌を入れ忘れたっぽい…
マジでヤバいから今日は行けない、ごめん!』と、
不思議なメールが来て、会えなかった事がある。
どんな変な理由だ。
忘れちゃ駄目だろ。パン、出来ないじゃん。
あれはなんて言うか、とても残念だった。笑


俺が今ギターを弾いていることを知っている友人は、案外少ない。
高校に軽音部がなかったので、
活動する場は校外だった。
GiGS(※3)でバンドメンバーを探していたし。
MASQUERADE(※4)として活動する内に、
なかなか皆に会えなくなっちゃったな。

音楽業界は、
一般社会とはかなりかけ離れた生活をしている人が多い。
未だにギターを弾いて曲(※5)を書いている事と、
長い間会っていなくても、
きっと俺を応援してくれている友人達に、
いつも感謝しています。


バンド結成当時のライヴ写真で、今回はお別れ。




(※1)電車運転のシミュレーションゲーム。
指定された停車位置にいかに正確に止めるかを競う。

(※2)女性ヴォーカリスト『MiKA』によるソロプロジェクト。
TVアニメ『FAIRY TAIL』主題歌、

ゲーム『テイルズオブダイスアドベンチャー』主題歌等を担当。
バンドライヴが行われる際、ギターで参加してます。

(※3)バンドマン&プレイヤー用の月刊音楽雑誌。
毎月買ってました。
この雑誌のメンバー募集で出会ったヤツと校外でコピバンを組み、
文化祭に行った時に、二階堂隼人と出会った。

(※4)先日、二階堂隼人とカラオケに行って以来、
昔書いた自分の楽曲を聴き直したりしてます。
iTunesの再生回数が一番多いのは、
『Glory Days』と『絶対零度』。

(※5)今書いている曲を、いつか皆にも聴いてもらえますように。